設立の目的

平成22年3月に鹿児島大学大学院循環器呼吸器代謝内科教授を退職した鄭忠和が、平成元年霧島リハビリテーションに在職以来、取り組んで確立した「和温療法」を、
1)慢性心不全に対する保険収載を実現し普及すること、
2)閉塞性動脈硬化症、慢性疲労症候群、繊維筋痛症などの難治性疾患に対する治療法として確立・普及すること、
3)和温療法に従事する医師・メディカルスタッフに和温療法の講習・指導を行い育成すること、
4)一般の方々に対する和温療法の啓蒙活動をすること、
5)和温療法を高齢化社会の全人的医療(福寿医療)として普及すること、
などを目的に、和温療法研究所を設立いたしました。

和温療法研究所について

東京都千代田区神田神保町2-9-1神田神保町メディカルモール401当研究所は、主として研究及び医師やメディカルスタッフ向けの指導・講習を行う施設であり、診療行為は行っておりません。治療に関することは、実施病院にお問い合わせください。

GoogleMapで表示・経路検索

お問い合わせ

ご返信できない場合は、ご了承くださいませ。
個人情報保護方針をご確認の上、お問い合せください。

お問い合わせ