和温療法研究所
所長 鄭 忠和

 平成24年3月に鹿児島大学大学院・循環器呼吸器代謝内科教授を定年退職後、「和温療法」の確立と普及をめざし、多くの患者さんの福音となることを願い、それを実現する活動の場として和温療法研究所を開設致しました。

 平成元年(1989年)1月、「死ぬ前に一度温泉に入りたい」と切望する重症心不全の患者さんとの出会いがご縁で、それ以来、慢性心不全に対する温熱療法の開発に取り組んでまいりました。その後、温熱療法に関する臨床研究や基礎研究を積み重ねて、様々な難治性疾患に対する効果を明らかにして、平成19年(2007年)3月に「温熱療法」から「和温療法」と名称を変更致しました。名称変更は私の開発した温熱療法がまさに「和む・温もり療法」であり、和温療法の意味を正しく理解していただくことが理由でした。

 平成24年3月、鹿児島大学を退職するまでの23年間に、延べ5万人を越える様々な患者さんに和温療法を実施し、幸いに多くの患者さんの回復に貢献することができました。和温療法の特筆すべき点は、通常の治療に抵抗性の様々な難治性疾患の患者さんに対して、驚く効果を発揮することがみられることです。治療は西洋医学でも東洋医学でも、患者さんに痛みや我慢を強いることはごく普通のことです。これに対して和温療法は、気持ち良く、安全で、限りなく副作用の無い治療法で、まさに「和む・温もり」療法です。いろいろな病気で苦しんでいる患者さんにとって優しい治療法です。その効果発現には遺伝子レベル、分子レベル、細胞レベルで関与し、和温療法は全身の血管機能、自律神経機能、中枢神経機能および神経体液性因子を是正します。さらに心身のリラクゼーション効果をもたらし、ストレスの溜まっている難治性疾患の患者さんに心身の癒しを提供する全人的治療法です。

 2010年に改訂された慢性心不全に対する日本循環器学会ガイドラインで、和温療法はクラス1(有効)として掲載され、積極的に推奨される治療として循環器専門医からも承認されています。2012年9月には、和温療法は慢性心不全に対する「高度先進医療」として高度先進医療専門会議で承認されました。2年前から全国の16大学病院を含めて19の多施設で、慢性心不全に対する和温療法の前向き臨床治験を実施しておりましたが、丁度、症例登録が終了したばかりです(2014年4月)。和温療法は慢性心不全だけでなく、種々の難治性疾患、(例えば、閉塞性動脈硬化症に伴う疼痛や潰瘍、冠攣縮性狭心症、繊維筋痛症、慢性疲労症候群、繰り返す術後腸閉塞、唾液分泌不全など)にも有効であることをこれまで報告してきましたが、今後さらにエビデンスを重ねる必要があります。

 本研究所は、「和温療法」が性別や年齢、人種を超えて、さまざまな難治性疾患で苦しんでおられる患者さんの新しい治療、福音となることをめざし、それを確立していく活動の拠点として開設致しました。医療現場は現在、臓器別診療が中心です。各専門領域の技術革新は長寿社会を今後も促進することでしょう。医学の進歩が健康長寿を促進することは大変すばらしいことです。しかし、人間は誰でも人生を閉じる前には必ず健康を損ねます。介護寿命は避けられません。長寿社会になるほど介護寿命の期間は延長します。生涯が幸せな長寿であるためには、言い換えれば「人生が福寿」であるためには、各臓器の修復だけでなく全身の回復、さらに心・精神を含めた全人的回復が重要です。特に介護を必要とする高齢者にとって、介護寿命が人間としての尊厳を保つためには、全人的医療は欠かせません。

 和温療法は安全で優しい全人的医療であり、高齢化社会を支える福寿医療であると信じています。世のため人のために、和温療法の普及にご理解とご支援をいただければ大変有難く思います。